トップページへ戻る > 派遣登録と面接ナシの関係

派遣登録と面接ナシの関係

派遣社員として仕事をしたことのある人であれば、誰もが経験していることかもしれませんが仕事をするに当たって、まず派遣先企業の担当者に会います。そして実質面接のようなことが行われます。しかし実際には顔合わせという言葉が用いられます。なぜ面接ではなくて顔合わせというかですが、派遣先企業が労働者を面接で選抜するのは派遣法違反になるからです。ですから名義上は面接ナシで採用しているという体面をとる必要があるわけです。

こちらの人材派遣会社おすすめ.comさんでも同じことを言われていますね。

派遣労働の場合、労働者は登録している派遣会社と雇用契約を結んでいます。これは派遣先で仕事をしている間でも変わらず、あくまでも雇い主は派遣先ではなく派遣会社になります。つまり派遣先企業からすれば派遣労働者に対して、何の権限を持っていません。つまり採用するかどうかを判断できないわけです。採用の可否を判断するのが面接ですから、派遣先企業が面接できない理由もこのためです。

「派遣先としてみれば一時的にせよ自分たちの下で仕事をするのだから、面接くらい必要だろう」このように思う人もいるかもしれません。しかしもし派遣先企業が派遣社員を面接で選抜できる状態を認めてしまえば、派遣会社は何のために存在しているかがわからなくなります。派遣会社が派遣先の企業と交渉をして仕事を受注するシステムが成立するからこそ、派遣労働のシステムの意味が出てくるわけです。面接以外にも事前に派遣会社が労働者に対して、履歴書を送らせるとか年齢や性別を確認するといった行為もすべて違法になります。ただし例外もあって一定期間派遣スタッフとして仕事をし、その後引き続き仕事をすることに労使双方とも異存のなかった場合、それ以降は正社員として仕事のできる紹介予定派遣の場合、派遣先企業が面接するのは認められています。

ただしこれはあくまでも法律上の話です。現実問題として、ほとんどの所で顔合わせという名の実質面接が行われています。面接は選考のために行うものであって、選考の伴わない面談や顔合わせという形で労働者と派遣先企業が会うことに関しては、法律で禁じられていません。ちなみにもし顔合わせをして派遣会社の紹介した労働者がどうもイメージと異なる、気に入らないのであれば、断ることも可能です。これも本来であれば違法なのですが、「派遣会社との条件の折り合いがつかなかったから」などと適当な言い訳をしてしまえば、断ることができてしまう現状があります。

関連エントリー

Copyright © 2015 人材派遣会社の掛け持ち登録は可能なのか?複数派遣登録ガイド. All rights reserved