トップページへ戻る > 派遣会社でずっと働けるコツ

派遣会社でずっと働けるコツ

派遣社員としてずっと働ける人も中にはいます。安定した収入を得るためには、ずっと仕事のあることは必須条件です。流動性の高い派遣という雇用形態の場合、長く働くためには社会人として基本的な部分に気を付けることが大事です。当たり前のことを言っているように感じられるかもしれませんが、派遣社員の中でできていない人も少なからず見られます。

たとえば、派遣期間中は遅刻をしないことは何よりも大事です。特に派遣で仕事を始めてから最初の1週間は大変重要です。ここでもし遅刻をしてしまうと上司や同僚などから、「この人やる気ないのかな?」と疑いの目で見られてしまいます。初日はまだ会社までの行き方がきちんと頭の中に入っていない状況でしょうから、少し早めに自宅を出て不測の事態にもある程度対応できるようにしておきましょう。早く到着しすぎてしまったのであれば、駅前の喫茶店なりファストフードなりでお茶を飲んで時間を潰せばいいでしょう。ただし電車の遅延などでどうしても時間内に到着できないこともあるかもしれません。そのような場合には、ケータイやスマホを使って早めに会社に連絡を取ることです。このような誠意を見せることで、派遣先の会社における皆さんのイメージもアップするでしょう。

その他にはコミュニケーションも非常に大事です。会社で長く仕事をするためには、職場にいかに早く溶け込めるかは重要なポイントになりえます。自分から積極的に話しかけていって、お互いに速く覚えるようにしましょう。話しかけるのが難しいと思うかもしれませんが、仕事のやり方を聞くときにごく自然と話しかけられるはずです。ただし人間には相性というものがあります。何となくしばらく一緒にいて、「この人は苦手だな」と思う人もいるかもしれません。しかしその場合でも挨拶はきちんとしておきましょう。挨拶されて嫌な気分になる人はまずいません。何となく苦手な人でも挨拶をすれば、人間関係が改善することはあっても、少なくても悪化する事態は考えにくいですから、挨拶は欠かさず行いましょう。

仕事は基本的に自分一人ではできません。同僚の協力があって、初めて仕事ができます。そこで周りの人との関係をできる限りスムーズにすることはとても大事です。ずっと同じ職場に派遣スタッフとして長く仕事をしたいと思っているのであれば、自分から人間関係を構築できるように努力することが大事です。基本で手抜きをしないことがシンプルでありながら、実はとても大きなポイントです。

関連エントリー

Copyright © 2015 人材派遣会社の掛け持ち登録は可能なのか?複数派遣登録ガイド. All rights reserved